訪問マッサージ師の仕事をたくさん学びたい

訪問マッサージ師として将来を見すえることは、自身にとっても社会にとっても良いことだと思います。訪問マッサージ師は将来の日本で必ず活躍できる職業ですから、それになることは社会で活躍できることに直結します。そのためには、まず訪問マッサージ師としての基礎を学ぶために福祉の学校へ通わなければならないです。

 成人してある程度働きながら福祉の学校へ通うことは、それなりに大変です。働くことも福祉の学校で勉強することも疎かにはできませんので、休まるときはあまりないです。ですが、福祉の学校で訪問マッサージ師としてさまざなことを学んでいくのは、とても楽しいことです。訪問マッサージ師としての知識や介護のテクニックを身につけることが将来の仕事で役立つのだと思えば、辛いことでも頑張って乗り切ろうという気持ちになります。

 勉強をしていると今までの先入観を覆されることもありますので、そこは驚きの連続です。また、福祉の学校には自分以外にも訪問マッサージ師など福祉関連の仕事を目指している人がいますので、そこがとても心強いです。もしも一人だけだったら途中で挫けていたかもしれませんが、周りに仲間がいればみんなと一緒に頑張っていこうという気持ちになります。

 どこまで頑張れるかはわかりませんが、独り立ちするためにもやれるところまではやってみようと思っています。将来活躍する姿を頭の中にイメージし、これからも訪問マッサージ師の仕事をたくさん学んでいきたいです。

Published by